アルプス銀座の山小屋山域別山小屋紹介

大天荘(だいてんそう)

大天荘

頂上まで10分の安堵感

常念山脈最高峰大天井岳(おてんしょうだけ・2,922m)まで10分、のところにある大天荘は、槍ヶ岳と常念岳の分岐、北アルプス有数のビューポイントに建っています。ライチョウを見かける機会も多く、静かでゆったり泊まれる山小屋です。

ご宿泊について
ご宿泊 1泊2食:大人 ¥10,000、素泊:¥6,400

宿泊は小中高生料金あり。大学生は学生証提示で¥500割引。お弁当¥1,000。個室あり。詳細はwebサイト

ご予約 WEB宿泊予約、または電話で承っております。
燕山荘松本事務所:0263-32-1535 月~金曜日9:00~17:00
https://www.enzanso.co.jp/reserve/enz0010.php?p=20
テント泊
※ご予約不要
1名様 ¥700

水は大天荘でお求めください。

約50張(張り方によります)可能です。指定地内に協力し合って張ってください。 予約制度はありません。テント場が一杯になった場合は指定地以外での幕営は認められませんので大天荘にお泊り頂くことになります。

設備について
主な設備 売店、食堂(ランプの喫茶室)、談話室、乾燥室

●夕食メニュー
お好みでメイン料理を魚か肉をお選び頂けます。
●ランプの喫茶室
営業期間中の平日夕食後、食堂が「ランプの喫茶室」になります。
メニュー:コーヒー、紅茶、カフェオレ、フルーツバウンドケーキ、チーズケーキ、ワイン、ビール、日本酒、 人気の支配人特製ホットワインなどがあります。

携帯電話
  • docomo
  • au

携帯電話は、ドコモは建物の内外で受信可能です。auは場所により屋外で受信可能です。

イベント 日本一標高の高い芋煮会+ランプの夕べ

開催日
2017年9月3日(日)、10日(日)、18日(月)、24日(日) 10月1日(日)、9日(月)、15日(日)
   (全7回・予約不要)

秋の代表的な味覚の一つとして、芋煮があります。ご夕食の際、“芋煮の発祥の地 東北生まれのスタッフが仕込む芋煮”を召し上がりながら、晩秋の山を満喫していただきます。
夕食後は食堂にて“ランプの夕べ”を開催します。大天井岳の麓 安曇野に昔から伝わる民話の語り部と、大天井岳の四季を写したスライドショーをお楽しみください。ほのかなランプの灯が、秋の夜長を盛り上げます。ランプの夕べご参加の方には、もれなくスタッフ手製のケーキとワインのサービスがつきます。
【その他】 大天荘にお泊りの方は、指定の蛇口より無料で給水いただけます。
ただし、大天井岳周辺では、水は大変貴重ですので(水は、はるか400m以上、下方の湧水からポンプアップしています。)くれぐれも、節水にご協力をお願い致します。
また、売店ではペットボトル入りのミネラルウォーターも販売いたしております。

消灯:お部屋は20:00、1F談話室、食堂は21:00です。
携帯電話、デジカメなどの充電は、お気軽にフロントまでお申し出下さい。

大天荘までのアクセス

近隣の山小屋